電器屋Walker

We Love Podcast.

電器屋Walker 特別企画

#旅するPodTrakP4

第四期 最後の旅する編

電器屋Walkerでも愛用している株式会社ズームが2020年に市場に投入した「Podcast用、ポッドキャスター向けレコーダー」PodTrak P4
実際に手にして、使ってみたらびっくり。
まさにゲームチェンジャーと言える使いやすさ。

あまりの感動に「これは色々なポッドキャスターに使ってもらい、実際の感想を聞いてみたい!
と思いつき、始めたのがこの企画「#旅するPodTrakP4」

各地のポッドキャスターさんのご協力を頂いて、西へ東へP4君が旅をして、素直な感想を集めています。

1. ホネストさん

ホネストさん Twitter:@honeradio
こへいさん Twitter:@hayarimonopc

主な番組:

 流行りモノ通信簿
 流行りモノ通信簿 クラシック(終了)
 かけあがりラジオ(休止中)

ごりゅごCAST
ごりゅごCAST

最後の旅する編のトップバッターをお願いしたのは「流行りモノ通信簿」でお馴染みのホネストさんです。相方のこへいさんと二人で配信されている流行りモノ通信簿はお二人のマイルドな声でお送りするクオリティの大変高い番組。特に紹介するテーマに対する着眼点や深掘り感、そしてお二人それぞれの想いの強さが感じられて大変楽しいです。こへいさんワールドにホネストさんがツッコむというパターンが多めです。

現在の流行りモノ通信簿は実はリニューアル後のもの。オリジナル版を長らく配信されていましたが、そちらは全て公開が終了しています。大変残念ですが、そのオリジナル版から珠玉の配信回を「流行りモノ通信簿クラシック」として再配信されたりもするので嬉しい限りです。
記念グッズとしてプレゼントされた「EP.87A|ハヤツウクラシック|438|ゼブラのブレンが超絶コスパで普通にすごい」を取り扱った回や「EP.87C|ハヤツウクラシック|365|今こそ読み直そうヒカルの碁」など、本当に楽しいです。

現在はSonyのコンデンサマイクECM-PCV80Uをお使いだというホネストさん。現在でも非常に高品質な音声ですが、ベテランポッドキャスターさんにPodTrakP4がどう映るかを聞いてみたくてご協力頂きました。

「一人しゃべりはあまり得意じゃないんです」と語り始めるホネストさん。
今回は後追いで購入したZOOMのダイナミックマイク&ヘッドホンのセットZDM1-PMP MIC PACKもお送りして、セットで使用感を試して頂きました。

第四期のみなさんのみZDM1-PMPを同梱したのである意味第四期が一番豪華です(笑)
※このZDM1-PMPはひまちゃんに使ってもらう予定です。

 

 

ホネストさんから送られてきた写真を見ると、流行りモノ通信簿のアートワークと電器屋Walkerのアートワークが何やら並んでいます。「流石ホネストさん、こんな合成までしてくれるなんて手が込んでるな!」と思っていたら、なんとこれは実際に販売された雑誌の1ページなんだとか!
全く知りませんでした。10年経ってフラグを回収しましたね(笑)

 

レビュー音源の収録もPodTrakP4を利用して頂きました。

第一印象は「準備がとても簡単!」
普段はパソコン、録音ソフト、マイク等など様々な段取りがありますが、PodTrakP4なら1台で完結するというのが「楽だな」と感じたそうです。

そして「感覚的に使える」という程簡単。
説明書をそれほど読み込まなくても使える程。サウンドパッドを利用する為のファイルの取り込み方法を確認した程度で後は直ぐに使えたそうです。

ZDM1-PMP マイクとヘッドホンのパックもあれば、それで1人分全部揃ってしまうパッケージ感にも評価を頂きました。

「初めて音声収録、ポッドキャストを始めようとしている人」が気をつけなければならない事はいくつかある。
音質や編集の為の基本になる部分がPodTrakP4とダイナミックマイクである程度クリアされているのが最大のメリットだと思う。とのこと。
見やすいレベルメーターがあり、ツマミで直ぐに調整出来るので複数人収録の音量バランス合わせにも便利。

 

サウンドパッドは4つ。
ポッドキャスト番組一つ作るために必要な音は4つあれば十分だろうと思う。
オープニング、エンディング、その他二つあればラジオ的な体裁も整うのでは?との感想も頂きました。

「初めて番組を作るときの事を想いだしてみましたら、結構一時停止って使うと思う。」とホネストさん。
一時停止とかがやりやすいので編集の不可を減らせるかも?

「4入力は不要?と最初は思いました。」音声メディアで3人以上の多人数収録をすると結構まとまりが無くなる。
PodTrakP4はよくよく見ると、3番、4番がそれぞれPCやスマホとの接続に使える。
それがよく考えられている。触るほど納得。

ダイナミックマイクZDM1-PMPを使って見て「出来れば番組初期に欲しかった」と思ったそうです。
当初はパソコンに付属のマイクを使用していて、音質も悪く雑音も多かった。
ZDM1-PMPが最初からあれば、品質の良い番組が最初から作れただろうな、と。

その他、流行りモノ通信簿らしく価格のお話し、それから「誰にお勧めしたいか?」、ホネストさんが自分の環境なら買うか?など、お話し頂いて居ますので是非レビュー音源をお聞き下さい♪
この音源自体、PodTrakP4ZDM1-PMPでのとても良いサンプル音源ですので「あぁ、こういう音声が収録出来るんだ」という参考にして頂けると思います。

実は流行りモノ通信簿 EP.89|循環型サステナブル?今年はLoopが来る?!の中のホネストさんの音声、一部にPodTrakP4ZDM1-PMPの音源が使用されているそうです。さて、聞き分けられるでしょうか?(笑)
「どこがP4だったの?」と気になった方は #ハヤツウ で呟いたらホネストさんが教えてくれるかも?

ホネストさん、ご協力ありがとうございました!

 

 

【現在の旅先はこちら】

2. ゆいまるさん

流星シルバー
ハガネのトマト

「クローゼットの中からこんばんは」でお馴染み、北海道夕張にて「旅人支援ショップ快速旅団」の幹事長を務めながらポッドキャストを配信するゆいまるさんです。

幹事長のいいコト教えちゃう」は快速旅団の近況や入荷状況などをお知らせしてくれる「昼の」ポッドキャスト。
快速旅団はオートバイ・キャンパーを始めとして、「月に一度くらいはエスケイプを」という方をサポートすべく、パーソナルなキャンプに的を絞って商品を開発・販売展開しています。≫という説明にもあるように、キャンプをはじめとするアウトドアに訳にたつアイテムを販売しています。

夜のゆいろく」はゆいまるさんが「クローゼット」に入って収録しているというきままな「夜の」ポッドキャスト。
最近は特に映画の紹介がメインテーマでジャンルにこだわらないセレクションで様々な映画と出会うことが出来る番組になっています。

ゆいまるさんは非常に優しいほんわかした雰囲気の持ち主で、ゆっくりとした語り口には根強いファンがいます。
私もその一人でゆいまるさんのファンだというだけで番組にゲスト出演して頂きました(笑)
最近ではなるとひめごとなると姫と一緒に「しもやけWalker」に出演して頂きましたが「しもやけ友達=しもだち」というパワーワードを生み出すなどゆいまるワールドはとどまるところを知りませんね。

カエルのアバターでお馴染み、さっぱさんは「じゃぶじゃぶラジオ」を配信中。≪社会人女性のさっぱが湯船に浸かりながら、日々感じていることや最近の出来事などについてお話するラジオです。≫との説明のとおり、なんと浴室での収録をしているというユニークなポッドキャストになっています。

ゆうすけさんと共に「すこしふしぎナイト~藤子・F・不二雄先生の描く物語~」という藤子・F・不二雄作品のみをテーマにしたポッドキャストを配信されていて、じゃぶじゃぶラジオ同様にユニークです。

お仕事はプログラマーという事で業務で身につけた知識を活かしたポッドキャスト「弱小プログラマーカエルのアップデート」の配信をスタート
この番組は弱小プログラマーカエルが日々の業務で学んだことを話したり、疑問に思ったことを話してリスナーの皆さんに教えてもらったりすることでカエルもリスナーさんもアップデートしていこうという番組です。≫という事で楽しそうにプログラムのことを語るさっぱさんのトークが楽しめます。

「じゃぶじゃぶラジオ1周年企画! 内風呂付きの旅館でじゃぶりたい!」とクラウドファンディングを実施し、見事にファンディング達成されたので、この配信も楽しみですね。

Shinichi-Sato-Japan-390x390