光配線とPR-500MIとV6オプションと

2017.10.31

おはようございます。

集合住宅に住んでいるのですが、これまで各戸へのネットワーク配線はVDSL方式でした。
これではフレッツ光契約でも100Mまでしか出せないんです。

そこで少しでも回線速度を稼ごうと申し込んだ「V6オプション」
これは各戸からネット回線までの接続をIPv6で直結し、その後必要に応じてIPv4に変換するという感じです。
IPv4ではISP(インターネットサービスプロバイダ)を経由する必要があり、プロバイダがボトルネックになる所、
IPv6ではプロバイダを経由せずにネットにつなげるのでその点高速化が期待できます。

この対策をとっても70M位が限界でした。

で、結局光配線方式を引き込んでもらうようにお願いして、なんとこれがOKで。
集合住宅の基本配線が光配線式になり、そして先日宅内への配線も光配線に変更となりました。

工事費用は掛かるものの、月額使用料はたったの50円アップ(それぞれの事情によると思いますが)
回線工事は1時間くらいで終わりました。

結果下りで700M位、上りで400M位でるようになったので大変満足です。
(さらに…)

静的ページに外部のWordPressから記事を読み込む方法 解説

2017.10.24

php7.1に対応し、mysqli(手続き型)の記述スタイルで
複数のWordpressから記事一覧を取得する為のphpです。

早速部分毎に解説していきます。

1)データベースへの接続
まずPHPの中でデータベースに接続する方法ですが、以下の部分です。
ホスト名などを予め引数に代入しておきます。
$dbhost = 'ホスト名(例:mysql000.db.sakura.ne.jp)';
$dbuser = 'ユーザー名(例:gonbe)';
$dbpass = 'パスワード(例:password)';
$dbname = 'データベース名(例:inst-db)';

今回の重要なポイントでもあるmysqli 手続き型による接続には「mysqli_connect」を使用します。
$conn = mysqli_connect($dbhost, $dbuser, $dbpass, $dbname);

そして文字化け防止の文字コード設定
mysqli_set_charset($conn, "utf8");

最後に念のため接続エラー処理を設定しておきます。
if(! $conn ) {
die('Could not connect: ' . mysqli_error());
}

(さらに…)

PHP7.1対応の為、やむなくmysqliへ移行する。

2017.10.24

ご無沙汰しています、コヒ蔵です。
ちょっと間が空いてしまいましたが、久しぶりの投稿がこれまでと同じような内容という進歩のなさ(笑)

サーバーのPHPのバージョンを5.6(?)から7.1へ変更したところ「mysql」のサポートが終了となりphpからデータベースの情報を取得できなくなってしましました。
何をしていたかというと、当ウェブサイトのトップページ(静的ページですけどindex.php)でwordpressの記事情報を取得、表示する為に直接データベースにアクセスしているのです。

因みに、何でワザワザ小難しい事をやるかと言うと理由があります。

この方法で出来る事
1)複数のwordpressから情報を取得して表示できる。
  例:運用している2つのワードプレスからそれぞれ最新記事を取得し表示。
  あちこち記事を探しましたが、2つのWordpressから情報が読める方法は1記事しか探せませんでした。

2)「wp-load.php」を読み込む必要が無い。
  実はこれが1つのWordpressしか扱えなくなる理由だと思うのですが、外部からWordpressの機能を使用する場合に必要なwp-load.phpを読み込む必要はありません。

この方法で取り出せる情報
1)記事タイトル
2)記事のURL
3)投稿日
4)カテゴリ(複数カテゴリ対応)
取り出そうと思えば原則何でも取り出せるのですが、私が書いている範囲ないはこんな所。

この方法でやっている事
PHPでmysqliを使ってデータベースにアクセスしているだけです。

コードの全容

(さらに…)

RSS feedが上手く表示されなかった理由

2016.08.30

先日の投稿で「index.htmlをindex.phpに変更して各ワードプレスのポスト一覧を取得して表示できるようにした」 と書きましたが、そももそどうしてそんなことをしなければならなかったか。 それは電器屋Walkerのワードプレスから出力されるRSSフィードが正しく表示できなくなったから。 ソースを確認すると表示されるのに、なぜかレンダリングが途中で止まるという問題。 フィードベイルデーターに投げてみたら一発でわかりました。 変な機種依存文字が入っていてそれが処理できなかったらしい。 それだけ元記事で削除したらフィードも正しく表示される様になりましたw あああぁぁぁ、週末の苦労は何だったんだ! まぁ、技術が向上したからよしとするか(^^ゞ ... 続きを読む

静的ページ(index.php)に同一サーバー内、別ディレクトリの複数のWordPressからポスト一覧を取得して表示

2016.08.29

※※※ PHP7.1 Mysqliに対応した記事を書きました ***
PHP7.1対応の為、やむなくmysqliへ移行する。
静的ページに外部のWordPressから記事を読み込む方法 解説

静的ページ(index.php)に同一サーバー内にあるワードプレスの投稿一覧を表示したいと考えて四苦八苦していました。

これまではRSSフィードを利用してJavascriptで表示させていましたが、何故か表示しなくなったのと表示に時間が掛かるため前から改善を検討していました。

もし、必要とするWordpressが1つの場合は非常に簡単で

1)index.htmlをindex.phpに変更する。(htaccessの変更や表示順位の変更も必要)
2)index.phpの行頭に「
< ?php require_once('./blog/wp-load.php');?>

」を追加。

3)表示したい場所に
<ul class="news">
< ?php
$posts = get_posts("numberposts=10&category=&orderby=post_date&offset=0");
foreach ($posts as $post):
setup_postdata($post);
?>
<li><a href="<?php the_permalink(); ?>">< ?php the_title(); ?></a> <span class="newtag">< ?php $posttags = get_the_tags();
if ($posttags) {
foreach($posttags as $tag) {echo $tag->name . ' '; }
}?></span></li>
< ?php endforeach; ?>
</ul>

と貼り付け。

基本的にはこれでOKです。
詳しくはマイペースクリエイターの覚え書き 様の投稿が非常にわかりやすいです。
PHPのrequireを使って、WordPressの外にある静的トップページに新着記事+投稿タグを表示させてみた

ただ、この場合「引用できるWordpressは1つのみ」に限定されます。
それはwp-load.phpの読み込みが1つに限られるためです。

(さらに…)

INST-webのウェブサイトは「さくらのレンタルサーバー」で運用しています。

電器屋Walkerの音声ファイル配信は「さくらのVPS」で運用しています。

adsence




2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

音楽素材Musmus

電器屋WalkerのBGMはこちらを利用させて頂いております。

RSS FEED

INST-web [ ストブロ ]のRSSフィード