DIVI Builder で PageSpeed Insights を改善する

2020.04.09

Googleの「PageSpeed Insights」はウェブサイトの表示速度を評価して、改善する為の検査ツールですが、評価内容が多岐にわたり中々スコアが上げられない感じになります。
色々取り組みしているのを備忘録的に。

今回は@font-familyにfont-display:swap;が設定されていない場合に評価が低下する問題をDIVI Builderで対応する場合の「荒技」です(笑)

1.Wordpressのテーマエディター(cssやphpを直接編集出来る禁断の機能)でdivi テーマを表示。
2.style.cssを選択。
3.検索機能で「font-family」を探す。

@font-face{font-family:ETmodules;src:url(core/admin/fonts/modules.eot);src:url(core/admin/fonts/modules.eot?#iefix) format("embedded-opentype"),url(core/admin/fonts/modules.ttf) format("truetype"),url(core/admin/fonts/modules.woff) format("woff"),url(core/admin/fonts/modules.svg#ETmodules) format("svg");font-weight:400;font-style:normal}

上記の様な記載があるはずです。
このETmodulesが管理画面などで使用される?ものです。それにたった一文追加します。

@font-face{font-family:ETmodules;font-display: swap;src:url(core/admin/fonts/modules.eot);src:url(core/admin/fonts/modules.eot?#iefix) format("embedded-opentype"),url(core/admin/fonts/modules.ttf) format("truetype"),url(core/admin/fonts/modules.woff) format("woff"),url(core/admin/fonts/modules.svg#ETmodules) format("svg");font-weight:400;font-style:normal}

font-display:swap;を加えるだけです。
加え終わったら保存して下さい。
終了です。※くれぐれも自己責任で行ってください。

アップデートのタイミングでstyle.cssが上書きされたら、上記の対策もむこうになります。

googleフォント(noto sans jp)も、なんか、こう…改善させる。

DIVIビルダーの「統合」タグで「head」に追記する項目があります。
そこに以下の一文を追加。

<link href="https://fonts.googleapis.com/css2?family=Noto+Sans+JP:wght@100;300;400;500;700;900&display=swap" rel="stylesheet">

カスタムCSSの記入欄に以下を追加

body,h1,h2,h3,h4,h5,h6,input,textarea,select{
	font-family: 'Noto Sans JP', sans-serif;
}

これでGoogleフォント(今回はnoto sans jp)もswapに対応します。

2020年4月9日¦ カテゴリ:HTML&CSS - Wordpress - さくらのレンタルサーバー ¦ コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは受付を終了いたしました。

INST-webのウェブサイトは「さくらのレンタルサーバー」で運用しています。

電器屋Walkerの音声ファイル配信は「さくらのVPS」で運用しています。

adsence




2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

音楽素材Musmus

電器屋WalkerのBGMはこちらを利用させて頂いております。

RSS FEED

INST-web [ ストブロ ]のRSSフィード

Secured By miniOrange