ストブロ

Coffee's Blog.

AG03とOBSを使った実用的な1人配信構成

執筆者 | 2021年02月03日 | Coffee, INST-Channel, Youtube, ストブロ

YAMAHAのAG03はオーディオインターフェースとして使えるミキサーで、Youtube Liveを初め配信界隈では相当の普及をして居るデバイスです。

同じくOBSはパソコン上で様々に画面構成を組んだり、そのままストリーム配信したりとこれまた人気のソフトです。

今回はこのAG03とOBSを使って、「音関係はどうやって構成したら良いのか?」という点の構成を検討してみました。
AG03に限定ではありませんが「LoopBack(ループバック)」という機能を前提としています。

LoopBackは「PCで再生した音を一度ミキサーに送り、音量調整等をした音をPCへ送り返すよ!」という機能です。
PCから再生される音声は全てストリームに乗ってしまうように誤解しがちですが、PCからの再生音は基本的には「PCから私へ向かって送られている音声」です。例えばマイクは「私からPCへ向かって送られる音声」です。
「  ?  」となりますが、やってみると何となく理解出来ると思います。

01.まずは全体像

で早速、私の出来る限りをつぎ込んだ概念図がこちらです(笑)

ループバック機能が付いたUSB接続のオーディオインターフェースを使用しているのであれば、それと概念図中のAG03を置き換えて下さい。

PCからの音声はAG03からヘッドホンを通じて聞くものとしています。

「ソース」と「音声モニタリング」はOBS上の機能です。

矢印が分岐・合流していますが、物理的な分岐ケーブルを使うとか言う事ではなく、音声の流れる方向を表しているだけです。

ちなみにAG03の「TO PC」ですが、「DRY CH 1-2G」はいわゆるプリフェーダーの信号を送る機能です。
ゲイン調整ダイヤル直後、フェーダー調整していない音声をUSBで送るので、例えば「スピーカーではフェーダー調整した音を聞きたいが、PCへは常にフェーダーの影響を受けない音声を送りたい」というシチュエーションのみで使用するものと思って大丈夫だと思います。

02.OBS&AG03【BGMもAG03で調整出来る、1人ライブ配信】

実現出来る内容はこんな感じ。

  1. マイク1:自分の声はメインのフェーダーで音量調整してOBSへ送れる。
  2. BGM:PCで再生したBGMをAG03で音量調整してOBSへ送れる。

マイクの音量はAG03で調整出来るので、あたかもスタジオ収録の際のカフの様にマイクのオン/オフを調整したり出来ます。折角ミキサーが手元にあるならBGMだって同じくAG03で調整したいですよね?
物理的に調整出来るのでフェードイン/フェードアウトも自在です。

別途プレーヤーを用意する物理的な手間を省略するにはPC上のメディアプレーヤーを利用します。
メディアプレーヤーは何でも良いです。iTunesでも良いし、ウィンドウズメディアプレーヤーでも、MPC-BEでも何でも。ループ再生が出来るソフトであれば便利かもしれません。リスト機能もあると良いかな?

ポイントはOBSへ直接送らない

メディアプレーヤーで再生再生される音声を直接OBSへ送る事も出来ます。
そうすると今回のポイント「AG03でBGM音量を調整する」が実現出来なくなるので要注意。

メディアプレーヤー意外でもPCで再生された音声は全てAG03へ送られ、自室のスピーカーやヘッドホンから聞こえてきます。「LOOPBACK」にする事でダイヤル調整した音声をPCへ送り返します。

この時Mic1とUSB(パソコンマークのダイヤル)がミックスされて同時に送られます。

OBSのソースに「音声入力キャプチャ」を追加

念の為、OBSの設定画面で「デスクトップ音声」や「マイク」などは全て無効にセットしておくことをオススメします。さて、AG03からきたマイクとBGMがミックスされた音声をOBSへ入力しましょう。

細かいやり方は一つ前の記事「COHIRAJIのOBS設定のご紹介」をご覧下さい。

「音声ミキサー」で「音声モニタリング」の設定を確認します。「モニターオフ」は「OBSを通過する音声を配信には流すけど、貴方には聞かせないよ!」という設定です。
ここで「モニターオン」にすると音がループします。

BGMの音声をAG03へ渡して、そこでマイクの音声とミックスした音声をOBSへ送って、モニターオンだからAG03へ音を送り返してそこで、もともと送られてきたBGMの音声とマイクの音声を改めてミックスした音声をOBSへ送って、モニターオンだからAG03へ音を送り返してそこで、もともと送られてきたBGMの音声とマイクの音声を改めてミックスした音声をOBSへ送ってモニターオンだからAG03へ音を送り返してそこで、もともと送られてきたBGMの音声とマイクの音声を改めてミックスした音声をOBSへ送ってモニターオンだからAG03へ音を送り返してそこで、もともと送られてきたBGMの音声とマイクの音声を改めてミックスした音声をOBSへ送って…

と、なりますのでモニターオフ。

これでマイクとBGMをAG03で音量調整した一人配信が出来ます。

あ、Windowsの通知音とかもAG03へ聞こえてくるのでご注意下さい(笑)

次はDiscordなどのボイチャを使った設定例をご紹介します。

ボイチャでマルチトラック収録する構成

ひまちゃんにZOOM H6を貸し出してますが、「ボイチャでゲストとお話しをしてマルチトラックで収録したい」というご相談。ミキサーがあればなんてこと無いのですが、レコーダー単体だと意外に難しい。 現在のひまちゃんの構成...

VPSを移転してん

ポッドキャスト番組電器屋Walkerの配信は2つのサーバーで構成されています。 まずウェブページ、つまりこのINST-webのブログや記事を使ってもらうために「さくらのレンタルサーバー」を契約しています。...

やまごや by ひまちゃん

小屋番のひまちゃんが登山のこと、アウトドアのこと、道具のことについて語るPodcast番組が!はじまりました! その名も「やまごや」 ひまちゃんの行動力♪...

OBSとDiscordを使ったライブ配信構成

YAMAHAのAG03はオーディオインターフェースとして使えるミキサーで、Youtube Liveを初め配信界隈では相当の普及をして居るデバイスです。...

Youtube LiveをPodcastに再配信する

これまただうさん向けの内容です。一定の需要があると思うので記事化しました。是非参考にしてみてください。 https://youtu.be/GcgdUdE0ewo Youtube Liveで「COHIRAJI」というラジオ配信をしています。...

COHIRAJIのOBS設定のご紹介

基本的にはだうさん個人にお知らせする為だけに記事を書いてます(笑)もったいないので同じような事をしたいと思っている方のお役に立てればと思って記事にする事にしました。 ここで紹介するのはOBSの設定です。...

fmlで自動応答を実現する その2

前回までは「Recieved」という固定したファイルの中身で自動応答する事が出来ました。文中に件名にも付与した「受付番号」を挿入したい…という事でまたしてもヤンマさんにヒントを貰いながら、トライ&エラー 無事に完成しました!...

fmlで自動応答を実現する

さくらのレンタルサーバーでメーリングリストを使用していますが、fmlというものが使用されています。 今回は「メールを送ってくれたら、送信者に受付番号を自動応答したい」という希望で色々調べたり、教えて貰ったりしました。...

0コメント


電器屋Walkerの過去配信のBGMで利用させて頂いております。