ストブロ

Coffee's Blog.

fmlで自動応答を実現する

執筆者 | 2021年01月26日 | Coffee, さくらのレンタルサーバー, ストブロ

さくらのレンタルサーバーでメーリングリストを使用していますが、fmlというものが使用されています。

今回は「メールを送ってくれたら、送信者に受付番号を自動応答したい」という希望で色々調べたり、教えて貰ったりしました。

今回もヤンマさんにヒントを頂いて頑張りました!ヤンマさんいつもありがとうございます。

さて、fmlには「config.ph」という設定ファイルがあります。
今回もそれを修正していきます。
前回までのfml回で説明しているのでそちらを参照して下さい。

返信先を指定して居ない場合の挙動

さくらのMLで送信元への配信をスキップ

$RECEIVED_FILE=      "$DIR/received";

$str = "日本語";
use Encode 'from_to';
from_to($str, 'Shift_JIS', 'UTF-8');
$RECEIVED_STATEMENT = "$str";

$DISTRIBUTE_CLOSE_HOOK= q{
  $Envelope{'GH:From:'} = $MAIL_LIST;
  $MY_RECEIVED_STATEMENT=
        sprintf("[${BRACKET}:%05d] ${RECEIVED_STATEMENT}", $ID);
  &SendFile($From_address, $MY_RECEIVED_STATEMENT, $RECEIVED_FILE);
};

ずばり、私のたどり着いた答えはこうでした。

自動応答の内容を示すファイル

$RECEIVED_FILE=      "$DIR/received";

↑これは「received」というファイルを参照しなさいよ!という指示です。
config.phと同じディレクトリに、定型文のファイルがいくつかあります。
それを複製して、中身を書き換えます。
中身は何でも構いません。

自動応答のタイトル(日本語対応)

$str = "日本語";
use Encode 'from_to';
from_to($str, 'Shift_JIS', 'UTF-8');
$RECEIVED_STATEMENT = "$str";

これが一番悩みました。
メールのタイトルを日本語化したいのですが、文字化けしてしまうのです。
色々調べた結果、「Shift_JISをUTF-8に変化してタイトルに表記」という手順が必要らしいという事が分かりました。
1行目の「日本語」の所を自由に書き換えて最終的に「RECEICED_STATEMENT」に受け渡します。

以下のサイトを参考にさせて頂きました、大変ありがとうございました。
参考:fml.org

参考:Perlゼミ

返信者のアドレスを変更する

  $Envelope{'GH:From:'} = $MAIL_LIST;

そのままやると送信元(返信者)が管理者アドレスみたいなアドレスになってしまいます。
そこで送信元を修正します。
MAIL_LISTとは予め指定されたメーリングリストのアドレスの様です。

自動応答を組み立てて送信する

$MY_RECEIVED_STATEMENT=
        sprintf("[${BRACKET}:%05d] ${RECEIVED_STATEMENT}", $ID);
  &SendFile($From_address, $MY_RECEIVED_STATEMENT, $RECEIVED_FILE);

自動応答の中身を組み立てます。

[${BRACKET}:%05d]

これは自動付与する連番を参照する命令です。

SendFile($From_address, $MY_RECEIVED_STATEMENT, $RECEIVED_FILE);

From_Addressつまり元々メールを送ってきた人に、指定のタイトルを付けて、RECEIVED_FILEを本文にして送ってね!という事だと思います。

これでメーリングリストがメールを受け取ると送ってくれた人に自動応答してくれます。

やり残した事

RECEIVED_FILEで指定した本文中に受付番号が入れられると良いのですが…
それがまだ未解決のままです。


私の中の現在の最終形

このコードで以下の3つを実現しています。
1.通常はMLメンバー全員に配信されるメールを「送信者には送信しない」
2.MLへ送られたメールの返信先が空欄なら送り元のアドレスを入れる
3.送信者には改めて「受付メール」を送信する

# 送信元への配信はスキップし、Reply-toが未設定なら送信元アドレスを挿入
$START_HOOK = q#
 $SKIP{ $From_address } = 1;
 if ("reply-to" == $MAIL_LIST) {
        &DEFINE_FIELD_FORCED("reply-to", $From_address);
    };
#;

# 自動応答
$RECEIVED_FILE=      "$DIR/received";
$str = "メール受付のご案内";
use Encode 'from_to';
from_to($str, 'Shift_JIS', 'UTF-8');
$RECEIVED_STATEMENT = "$str";

$DISTRIBUTE_CLOSE_HOOK= q{
  $Envelope{'GH:From:'} = $MAIL_LIST;
  $MY_RECEIVED_STATEMENT=
        sprintf("[${BRACKET}:%05d] ${RECEIVED_STATEMENT}", $ID);
  &SendFile($From_address, $MY_RECEIVED_STATEMENT, $RECEIVED_FILE);
};

VPSを移転してん

ポッドキャスト番組電器屋Walkerの配信は2つのサーバーで構成されています。 まずウェブページ、つまりこのINST-webのブログや記事を使ってもらうために「さくらのレンタルサーバー」を契約しています。...

やまごや by ひまちゃん

小屋番のひまちゃんが登山のこと、アウトドアのこと、道具のことについて語るPodcast番組が!はじまりました! その名も「やまごや」 ひまちゃんの行動力♪...

OBSとDiscordを使ったライブ配信構成

YAMAHAのAG03はオーディオインターフェースとして使えるミキサーで、Youtube Liveを初め配信界隈では相当の普及をして居るデバイスです。...

AG03とOBSを使った実用的な1人配信構成

YAMAHAのAG03はオーディオインターフェースとして使えるミキサーで、Youtube Liveを初め配信界隈では相当の普及をして居るデバイスです。...

Youtube LiveをPodcastに再配信する

これまただうさん向けの内容です。一定の需要があると思うので記事化しました。是非参考にしてみてください。 https://youtu.be/GcgdUdE0ewo Youtube Liveで「COHIRAJI」というラジオ配信をしています。...

COHIRAJIのOBS設定のご紹介

基本的にはだうさん個人にお知らせする為だけに記事を書いてます(笑)もったいないので同じような事をしたいと思っている方のお役に立てればと思って記事にする事にしました。 ここで紹介するのはOBSの設定です。...

fmlで自動応答を実現する その2

前回までは「Recieved」という固定したファイルの中身で自動応答する事が出来ました。文中に件名にも付与した「受付番号」を挿入したい…という事でまたしてもヤンマさんにヒントを貰いながら、トライ&エラー 無事に完成しました!...

Webalizerを再集計する

音声データを配信しているVPSのサーバーをやむなくSSL化した。すると、そこからWebalaizer(アクスセス解析機能)に正しくログが取れていない状態だった。気がついたのは約2ヶ月後(笑)普段あまり見ていないので。...

0コメント


電器屋Walkerの過去配信のBGMで利用させて頂いております。