レンタルサーバーforビギナーズ

マインクラフト設置マニュアルを音声で解説

新しいポッドキャスト番組がスタートしました!

配信第3回目では「VPS初期設定1~5」までを解説しています。
本ウェブサイトと併せてお楽しみください♪

INST Information Box


さくらのVPSで楽しむMinecraft 設定からゲームスタートまでを解説!

iptablesの設定

ちょっと手間取るかも知れません、【iptables】の設定。
まずは現在のiptablesの設定を確認。
本当は【iptables】がインストールされている事を確認した方が良いようだけど
さくらのVPSは入っているのでスルー

iptablesをなんちゃって設定する。

続いてWinSCPを起動。

※注意

ここからなんちゃってな設定方法になっていくのでご注意をw

【root】でログインして【iptables】というファイルを作成します。(場所はどこでもOKですが、仮に/home/gonbe/に作成。)

右側のカラム(サーバー側のデータが表示されているところ)で右クリックして
新規作成からファイルを選ぶ。
ファイル名は拡張しなしなので注意!

開かれたファイルにこれをコピペ

ここから

*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT - [0:0]

-A INPUT -j RH-Firewall-1-INPUT
-A FORWARD -j RH-Firewall-1-INPUT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i lo -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 50 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 51 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp --dport 5353 -d 224.0.0.251 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

# SSH, HTTP, FTP1, FTP2, MySQL, Minecraft
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 10022 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 20 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 21 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 3306 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8123 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 25565 -j ACCEPT

-A RH-Firewall-1-INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited

COMMIT

ここまで

※注意

各行端の空白、空行の空白には注意しましょう。動作不良の原因になります。見つけたら削除削除!

SSHのポートは標準【22】から今回設定済みの【10022】に変更してあります。
『Minecraftのポート』も開けておきましょう。

保存したらVPSのリモートコンソールにいきましょう。

rootでログインしたら
【cp】コマンドでファイルをコピーしましょう。

cp /home/gonbe/iptables /etc/sysconfig/iptables

【~iptables】と【/etc/~】の間には半角スペースが入りますよ!

これでWinSCP上のエディタで作成した【iptables】ファイルをroot権限で所定の場所にコピーすることが出来ました。

/etc/rc.d/init.d/iptables restart

で【iptables】を再起動すれば完了です。

>※注意

もしコピペしてリスタートしたときに「29行目がerrorっすよ!」とか言われたら、一度コンソールからviでファイルを開き、改行しなおしてからセーブしてみてください。-2012年4月7日追記

iptables -L

で【iptables】が反映されているか確認してみてください。



家電&カメラ・携帯電話部門

パソコン&周辺機器・ディスプレイ部門

家電&カメラ・オーディオ部門

家電&カメラ・カーAV部門

ゲーム・PS3部門

ゲーム・PSVITA部門

ゲーム・PSP部門