静的ページに外部のWordPressから記事を読み込む方法 解説

2017.10.24

php7.1に対応し、mysqli(手続き型)の記述スタイルで
複数のWordpressから記事一覧を取得する為のphpです。

早速部分毎に解説していきます。

1)データベースへの接続
まずPHPの中でデータベースに接続する方法ですが、以下の部分です。
ホスト名などを予め引数に代入しておきます。
$dbhost = 'ホスト名(例:mysql000.db.sakura.ne.jp)';
$dbuser = 'ユーザー名(例:gonbe)';
$dbpass = 'パスワード(例:password)';
$dbname = 'データベース名(例:inst-db)';

今回の重要なポイントでもあるmysqli 手続き型による接続には「mysqli_connect」を使用します。
$conn = mysqli_connect($dbhost, $dbuser, $dbpass, $dbname);

そして文字化け防止の文字コード設定
mysqli_set_charset($conn, "utf8");

最後に念のため接続エラー処理を設定しておきます。
if(! $conn ) {
die('Could not connect: ' . mysqli_error());
}

(さらに…)

2017年10月24日¦ カテゴリ:Coffeeの日記 - Wordpress - さくらのレンタルサーバー ¦ コメント (0)

PHP7.1対応の為、やむなくmysqliへ移行する。

2017.10.24

ご無沙汰しています、コヒ蔵です。
ちょっと間が空いてしまいましたが、久しぶりの投稿がこれまでと同じような内容という進歩のなさ(笑)

サーバーのPHPのバージョンを5.6(?)から7.1へ変更したところ「mysql」のサポートが終了となりphpからデータベースの情報を取得できなくなってしましました。
何をしていたかというと、当ウェブサイトのトップページ(静的ページですけどindex.php)でwordpressの記事情報を取得、表示する為に直接データベースにアクセスしているのです。

因みに、何でワザワザ小難しい事をやるかと言うと理由があります。

この方法で出来る事
1)複数のwordpressから情報を取得して表示できる。
  例:運用している2つのワードプレスからそれぞれ最新記事を取得し表示。
  あちこち記事を探しましたが、2つのWordpressから情報が読める方法は1記事しか探せませんでした。

2)「wp-load.php」を読み込む必要が無い。
  実はこれが1つのWordpressしか扱えなくなる理由だと思うのですが、外部からWordpressの機能を使用する場合に必要なwp-load.phpを読み込む必要はありません。

この方法で取り出せる情報
1)記事タイトル
2)記事のURL
3)投稿日
4)カテゴリ(複数カテゴリ対応)
取り出そうと思えば原則何でも取り出せるのですが、私が書いている範囲ないはこんな所。

この方法でやっている事
PHPでmysqliを使ってデータベースにアクセスしているだけです。

コードの全容

(さらに…)

¦ カテゴリ:Wordpress - さくらのレンタルサーバー - コヒ蔵の独り言 ¦ コメント (0)

INST-webのウェブサイトは「さくらのレンタルサーバー」で運用しています。

電器屋Walkerの音声ファイル配信は「さくらのVPS」で運用しています。

adsence




2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

音楽素材Musmus

電器屋WalkerのBGMはこちらを利用させて頂いております。

RSS FEED

INST-web [ ストブロ ]のRSSフィード