静的ページに外部のWordPressから記事を読み込む方法 解説

2017.10.24

php7.1に対応し、mysqli(手続き型)の記述スタイルで
複数のWordpressから記事一覧を取得する為のphpです。

早速部分毎に解説していきます。

1)データベースへの接続
まずPHPの中でデータベースに接続する方法ですが、以下の部分です。
ホスト名などを予め引数に代入しておきます。
$dbhost = 'ホスト名(例:mysql000.db.sakura.ne.jp)';
$dbuser = 'ユーザー名(例:gonbe)';
$dbpass = 'パスワード(例:password)';
$dbname = 'データベース名(例:inst-db)';

今回の重要なポイントでもあるmysqli 手続き型による接続には「mysqli_connect」を使用します。
$conn = mysqli_connect($dbhost, $dbuser, $dbpass, $dbname);

そして文字化け防止の文字コード設定
mysqli_set_charset($conn, "utf8");

最後に念のため接続エラー処理を設定しておきます。
if(! $conn ) {
die('Could not connect: ' . mysqli_error());
}

2)記事の基本情報を取り出す。

どのデータテーブルから何の項目の情報をとるかを指定します。
ここでは「ID」、「投稿日」、「タイトル」、「guid」、「内容」を呼び出しています。
接頭辞の所はWordpressのインストールの際に設定した接頭辞を入れて下さい。(例:WP_)
whereを使い「状態が公開」で「種別が投稿」に限定し、
limitを使い「最新5件」に限定しています。
$sql = '
SELECT ID, post_date, post_title, guid, post_content
FROM 接頭辞posts
WHERE post_status = "publish"
AND post_type = "post"
ORDER BY post_date DESC
LIMIT 5';

先程の命令文を「mysqli_query」に突っ込んで、データベースから情報を得ます。
$result = mysqli_query($conn, $sql);
?>

いったんここで出力するhtmlを。今回はULで全体をくくります。
<ul class="wp-post">

3)取り出したデータを処理する。

取り出したデータを「while」と「mysqli_fetch_assoc」で順番取り出していきます。
<?php while ($item = mysqli_fetch_assoc($result)){

後でHTMLに流し込む為に必要な情報を引数に代入します。
pidは後でカテゴリを取り出す際に使用。
dataは一度取り出してから、時間などを非表示にする為、「substr」で範囲を切り出します。
/* 基本情報(タイトル、URL、コンテンツ) */
$pid = $item["ID"];
$title = $item["post_title"];
$link = $item["guid"];
$content = $item["post_content"];
$date = $item["post_date"];
$datefix = substr( $date, 0, 10 );

4)各記事毎の「カテゴリ」を取得する。
記事1件1件を処理する中で、カテゴリの取り出しをしていきます。
カテゴリに関わるテーブルが3つあるのでとても複雑に見えます。
term_relationships
term_taxonomy
term_id

因みにこの命令文は「3つのテーブルを1つに合わせてobject_idが投稿のidと同じ、そしてタクソノミーがカテゴリであるデータのnameを抽出しなさい」という命令です。

/* カテゴリー情報も取得したい場合 */
$sql_cate = '
SELECT name
FROM 接頭辞term_relationships
INNER JOIN 接頭辞term_taxonomy ON 接頭辞term_relationships.term_taxonomy_id = 接頭辞term_taxonomy.term_taxonomy_id
INNER JOIN 接頭辞terms ON 接頭辞term_taxonomy.term_id = 接頭辞terms.term_id
WHERE 接頭辞term_relationships.object_id = '. $pid . '
AND 接頭辞term_taxonomy.taxonomy = "category"
';

命令文を「mysqli_query」に突っ込んでデータを抽出。
$cate_res = mysqli_query($conn, $sql_cate);

カテゴリデータが複数ある場合を想定して、1)連想配列に格納し、2)1行のデータとして取り出す。
$cate_gories = array();
while ($cate_row = mysqli_fetch_assoc($cate_res)){
$cate_gories[] = $cate_row["name"];
};

連想配列に入ったデータを「implode」を使って、「,」で区切りながら1行にします。
$cate_gories = implode(",", $cate_gories);
?>

5)記事毎に出力するHTMLを整形

先ほど抽出したデータを引数に保管してありましたので、お好きなようにHTMLを書いてください。
今回は全体をULにしてあるのでLIで書いていきます。
<!– HTMLにてPHP変数を表示 –>
<li>
<a class="clearFix" href="<?php echo $link;?>">
<?php echo $title; ?>
<span> – <?php echo $datefix;?></span>
<span> <?php echo $cate_gories;?></span>
</a>
</li>

ここで記事事の「while」を閉じますので、後は抽出された記事の件数によりループします。
<?php
};
?>
</ul>
<?php

最後に念のためデータベースから切断して終了です。
/* PHPでデータベースから切断 */
mysqli_close($conn);
?>

この内容で例えば「getfromwp.php」みたいなファイルを作ります。

そして読み出したい側の、例えば「index.php」内で呼び出します。
因みに、私は「wwwフォルダの一つ上」にgetfromwp.phpを置いています(安全の為)その場合、以下の通りです。
<?php include_once( dirname( __FILE__ ) . '/../getfromwp.php' ); ?>
として呼び出すと、その場にULで囲まれたhtmlが出力されます。

あとはgetfromwp2.php getfromwp3.phpと増やしていけば、いくつでも別々の条件や別々のWPからデータを抽出できます。

良かったら参考にしてみてください。
使用は自己責任でお願いします。
安全対策には十分にご注意ください。

ご質問があればわかる範囲でお答えします!

2017年10月24日¦ カテゴリ:Coffeeの日記 - Wordpress - さくらのレンタルサーバー ¦ コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは受付を終了いたしました。

INST-webのウェブサイトは「さくらのレンタルサーバー」で運用しています。

電器屋Walkerの音声ファイル配信は「さくらのVPS」で運用しています。

adsence




2017年10月
« 8月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

音楽素材Musmus

電器屋WalkerのBGMはこちらを利用させて頂いております。

RSS FEED

INST-web [ ストブロ ]のRSSフィード