第3回「無線LANルーターの調整」

2015.02.13

第2回までで、以下の2点がクリア出来ました。

 

1)RT-S300SE ブリッジ化成功(ひかり電話端末として動作)

2)無線LANルーター PPPoEでの接続成功、ルーター機能も有効

 

今回は有線接続と無線LANルーターの調整、そしてRT-S300SEへのアクセス方法をご説明していきます。

 

1)有線LANで接続する。
(さらに…)

2015年2月13日¦ カテゴリ:宅内LAN環境 ¦ コメント (0)

第2回「無線LANルーターをルーターとして使う」

2015.02.13

第2回「無線LANルーターをルーターとして使う」

 

続いて行きましょう。

1)無線LANルーターをRT-S300SEのLANポートに接続する。

この時点でまだパソコンを接続しないで下さいね。電源は入れてもOKです。

無線LANルーターを初めて起動する人はそのままで、一度でも使っていた場合は「リセット」を行います。

リセットが終わったら、電源を切っておきましょう。
(さらに…)

¦ カテゴリ:宅内LAN環境 ¦ コメント (0)

第1回「RT-S300SEをブリッジ化するには」

2015.02.13

以前からフレッツ光ネクスト(Bフレッツから自動移行)で使用しています。

今回無線LANルーターをバッファローのWRZ-1750DHP2に買換えましたが、その際に宅内のLAN環境を見直そうと思いました。

 

そこでぶち当たったのが「ひかり電話用モデムRT-S300SEをブリッジ化して無線LANルーターと接続する」という至って簡単そうな内容です。

 

ルーターというのは1本の回線に対して、デスクトップパソコンやスマホ、プリンターなどの宅内LAN接続機器が正しく通信できるように番地を割り振ったり、交通整理をする役割を果たします。

RT-S300SEはこのルーターの機能を持っているので、普通はこのLANポートに有線で接続すれば問題無く交通整理をしてくれます。

 

回線終端装置  → → → RT-S300SE → → → パソコンなどに有線接続

(ONUやVDSL装置)
(さらに…)

¦ カテゴリ:宅内LAN環境 ¦ コメント (0)

第15回「WordPressとウェブアプリケーションファイヤーウォールの設定」

2015.02.01

より安全にWordPressを運用する為に、サーバーのWAFを有効化しましょう!

多くのレンタルサーバーで利用されているWAF(ウェブアプリケーションファイヤーウォール)
phpやcgiなどで不正なコマンドの実行を防ぐセキュリティのシステムです。

WordPressを運用する場合は是非有効化したい機能ですが、管理画面が上手く行かない場合もあるようです。

今回は共有SSL等を利用し、WAFとWordpressを共存させる為の方法をご説明します。

Craftbukkitの起動管理用スクリプトを修正してくれた「sara」さんのブログ
さらぽっぽ

 

記事の説明はこちらから

(さらに…)

2015年2月1日¦ カテゴリ:Wordpress - さくらのレンタルサーバー - レンタルサーバーforビギナーズ ¦ コメント (0)

INST-webのウェブサイトは「さくらのレンタルサーバー」で運用しています。

電器屋Walkerの音声ファイル配信は「さくらのVPS」で運用しています。

adsence




2015年2月
« 6月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

音楽素材Musmus

電器屋WalkerのBGMはこちらを利用させて頂いております。

RSS FEED

INST-web [ ストブロ ]のRSSフィード